小石原焼とは

小石原焼(こいしわらやき)は福岡県朝倉郡東峰村(元小石原村)にて焼かれる陶器。主に生活食器が焼かれる民陶。
1682年に、黒田光元が伊万里から陶工を招いて窯場を開いたのが始まりで、筑豊地方で最初の焼き物産地となった。
刷毛目、飛びかんな、櫛描きなどによって表現される独特の幾何学的な紋様が特色。
後にその技法は大分県日田市の小鹿田焼に伝わっており、小鹿田焼とは姉妹関係にある。
日本の陶芸界に大きく影響を与えたバーナード・リーチによって、「用の美の極致である」と大きく称賛された。

商品一覧

該当商品はありません


日和器ブログ
日和の話や水引の事など
是非一度お立ち寄りください!

QR

◆◆お知らせ◆◆
過去に購入したことがある
日和の会員様はショッピングカートの
入力画面をスキップして、少ない
ページ移動で購入完了が出来るように
なりました。
なお、入力画面をスキップしても、
確認画面で各項目を変更できます。

ページトップへ