波佐見焼/白山陶器

長崎県の波佐見という街でつくりだされるシンプルで和モダンなものが最近人気の波佐見焼。白山陶器も波佐見焼のひとつです。

今では呉須で絵付けされた染付と透けるような美しい白磁が主流ですが元は陶器を生産していました。
江戸時代に磁器の原料が発見され次第に磁器へと移行。
江戸後期には染付が日本一の生産量になり、染付・青磁ともに大生産地に発展し波佐見焼は、日本を代表する磁器産地となりました。

江戸時代や明治時代には出荷の経路により「伊万里焼」、「有田焼」として流通されており、波佐見の名前は忘れ去られた感じになりましたが、
最近になってようやく波佐見焼としての名がまた新たに知れ渡るようになってきました。
そして長い歴史をもつ波佐見焼を、モダンで機能的なデザインによって製品化している白山陶器は、1951年に有限会社白山製陶所、そして1958年には白山陶器株式会社が設立されました。                    
白山陶器のものづくりの基本は、なにより使いやすく生活の中になじむということ。
新しい表情や、オリジナリティーを大切にしながらもスタンダードであり続ける器…を目指しています

このカテゴリーでは波佐見焼の中でも白山陶器のものに絞ってご紹介させていただきます。
このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。
表示切替: 並び順: 在庫:
5件中1件~5件を表示
5件中1件~5件を表示


日和器ブログ
日和の話や水引の事など
是非一度お立ち寄りください!

QR

◆◆お知らせ◆◆
過去に購入したことがある
日和の会員様はショッピングカートの
入力画面をスキップして、少ない
ページ移動で購入完了が出来るように
なりました。
なお、入力画面をスキップしても、
確認画面で各項目を変更できます。

ページトップへ